ホワイトニングが出来ない場合とは

2014.2.3|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

 

歯が白く美しいと、とても清潔感のある印象になるので、審美歯科の治療に関心を持っている方が増えています。
コーヒーなどの着色飲料が好きな方は、歯の黄ばみや着色汚れに悩んでいます。
妊娠中の女性は、基本的には健康上には問題ないと言われていますが、歯科医院では妊婦には治療を行っていないクリニックがほとんどです。
歯肉炎や歯槽膿漏などの歯周病に罹っている方は、歯がしみたり、痛くなる可能性があるため、まずは病気を治療をする必要があります。
歯を白くしたいと考えている方が多いですが、虫歯の治療中でかぶせがあったり、神経を抜く場合は、治療後に審美歯科の治療を受けたほうが良いでしょう。
虫歯などの歯の疾患を持たれている方は、まずは歯科医師に診察をしてもらい、治療が済んでから、審美歯科の治療を受けるようにしたいものです。
歯の神経を抜かないといけない、虫歯治療を受けている方は、歯がしみてしまう可能性があります。
歯を白く美しくする効果の高い治療法ですが、歯や歯茎の状態によっては治療が出来ない場合があります。
妊婦の方は、妊娠中の施術を受けるのは控えるようにして、出産後に体が回復してから通院をすると良いでしょう。
信頼できる歯科医院を選ぶことが大切です。”