酸性の食べ物には要注意

2014.2.3|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

 

う蝕は、エナメル質の構成であるカルシウムとリン酸が溶けることで発生します。そこで、エナメル質を溶かす酸性の食品には注意が必要です。体に良いとされる果物、酢、スポーツドリンク、またワインをよく摂る習慣のある人は要注意です。これらの食品には多くの酸が含まれ、過度に摂取するとう蝕へのリスクが高まります。
つまり、お口の中は普段は弱アルカリ性に保たれています。弱アルカリ性の唾液で酸を中和し、う蝕を防止しているのです。上記のような酸の強い食品を摂ることで、中和機能が低下し、う蝕の原因ともなりかねません。また、ブラッシングをしなくてもう蝕になりにくい人もいます。それは、この中和機能が元々非常に優れていたり、唾液が多かったりするのです。また、う蝕のもう一つの原因であるミュータンス菌がいないことも重要です。ミュータンス菌は感染するものです。感染予防が重要ですが、感染してしまっても諦めることはありません。お口の中を、常に清潔にしておけば大丈夫です。
う蝕を防ぐには、バランスの取れた食事と適切なブラッシングが重要です。酸の強い食品を摂ったとしても、正しいブラッシングをすれば問題はありません。食事内容も大事ですが、口腔ケアに気を配る生活が重要です。