歯を黄ばませる食べ物とは

2014.2.3|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

 

最近、ホワイトニングが人気です。しかし、ホワイトニングで白くなっても、毎日の生活に気をつけないと、また黄ばんでしまうのです。
定期的にホワイトニングをすればいいのですが、あまり頻繁に行うのは不経済ですし、身体への負担もかかります。
そこで、毎日の生活を見直す必要があります。一番重要なのが食事です。カレーやキムチ、ワインなど着色性の強い食べ物を好んで食べると黄ばみやすくなります。また、意外に黄色くするのがマッシュルームです。そんなにマッシュルームを好んで食べる日本人はいないとは思いますが、白くて可愛らしい姿とはうらはらに、黄ばみの原因になるので摂り過ぎには注意です。
また、喫煙やアルコールも黄ばむ原因です。喫煙は言わずもがなヤニが付着し黄色く、アルコールはワインなど着色性のあるものはもちろん、日本酒や焼酎など透明なものでも着色のおそれがあります。摂るなという訳ではありません。日常的に摂取するのはお勧めできないのです。
このように、黄ばみの原因になる食品は多く存在します。合成着色料だけでなく、マッシュルームやベリー系など自然のものでも着色するというのは驚きです。白さを保つには毎日の食生活と定期的なホワイトニングが必要です。そういった努力ができないなら、ホワイトニングをしない方がいいかもしれません。”